1. ホーム
  2. 素材別に選ぶ

目的別に選ぶ

鉄・銅・アルミニウムなど様々な素材に対し、どのような表面処理・めっき加工の対応表です。

秋田化学工業では、あらゆる素材の表面に機能を付与することで、付加価値の高い製品を供給します。

秋田化学工業の素材別対応可能範囲

◎:現行処理可 ○:処理可(相談の上) 注1)光沢、梨地も可能

表面処理/素材 鉄合金 鉄鋳物 銅合金 アルミニウム アルミニウム合金 アルミニウムダイカスト ステンレス チタン マグネシウムダイカスト タングステン モリブデン
亜鉛めっき (ユニクロ)                    
亜鉛めっき (イエロー)                    
亜鉛めっき (ブラック)                    
無電解ニッケルめっき        
無電解ニッケル めっき(テフロン)                    
無電解ニッケル めっき(ボロン)                    
アルマイト (陽極酸化) 処理(白)          
注1

注1
         
アルマイト (陽極酸化) 処理(黒)          
注1

注1
         
アルマイト (陽極酸化) 処理(硬質)          
注1

注1
         
硬質厚付けアルマイト          
注1

注1
         
ノンクロム酸化成処理                    
不動態処理                        
電解研磨                
化学研磨          
酸洗い処理                      
硬質クロムめっき                        

素  材

  • ステンレスはSUS303、304、316を基本とします。SUS420、410等他の種は事前確認が必要
  • チタンは1種、2種を基本とする

めっき厚、研摩量

  • 無電解めっき品の弊社標準は5±2μm
  • 電気めっき品の弊社標準は製品真ん中で8μm(製品内、製品間バラツキは任意)
  • 化学研摩品の弊社標準は5〜10μm(但し外観的要求の場合、20μmの場合ある)
  • 電解研摩品の弊社標準は10〜20μm(但し外観的要求の場合、50μmの場合もある)
  • 白アルマイトの弊社標準膜厚は5〜10μm(製品寸法+0〜3μm)
  • 黒アルマイトの弊社標準膜厚は15〜20μm(製品寸法+1〜5μm)